【打ち水の効果は?】時間帯はいつがいいの?夏を涼しく過ごそう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ベランダや玄関前に打ち水をすると本当に涼しくなりますよね。
実は、打ち水は江戸時代に本格的に行われるようになったといわれている庶民の風習なのです。

昔から伝統的に行われてきた打ち水をまくという日本の風習が、環境への配慮というエコの観点からも最近注目されています。

そこで、今回そのような打ち水の歴史やそのメリット、打ち水の効果的な時間帯などについて調べて行きましょう!

打ち水って?

少し、打ち水についての歴史をみてみましょう。

打ち水は、戦国から安土桃山時代を経た中で茶の湯の登場とともに、礼儀作法として行われるようになりました。
しかし、この頃にはまだ庶民の間では定着してはいなかったようです。
そんな打ち水が暑さ対策として広まったのが江戸時代から。
この頃には俳句の中に読まれたり、浮世絵にも登場しているのです。
江戸時代に入って、庶民の間でも広く定着していたと考えられています。

水をまいた時におこる気化熱を利用して暑さを和らげる打ち水は、夏の猛暑を少しでも和らげる庶民の知恵として広く行われていたのです。
涼をとるために水をまく打ち水には道路に舞い上がる土埃をしずめたり、通り道や玄関先に水を撒いておくことで家を訪問されるお客様を心地よく迎えるというお清めの意味合いもあったといわれています。
そのような習慣があって、江戸時代には俳句や浮世絵の登場していたということなのです!

スポンサードリンク

打ち水の効果は?!

そんな夏の風物詩的な打ち水は見ているだけでも涼しい気分になれますが、実際にはどれくらい効果があるのでしょうか?
それについては各イベントでの実証などで、大体2℃くらい気温が下がるといわれているのです。

夏の暑い日にクーラーなどを用いずに2℃気温が下がるのはすごいですよね!
打ち水をするだけというとてもエコな方法なのに、温度はこんなに下がるのです!

打ち水の効果的な時間帯は?

実際に打ち水をする時、より効果的な時間帯や場所というのがあって、それらを間違えてしまうと逆効果となってしまうこともあるのです。

打ち水をするのに最も効果的な時間帯は早朝か夕方。

日が昇ってから気温が上昇するまでの間と、夕方、日が沈んでから暗くなる前の時間帯、つまり、午前5~8時くらいと、午後18~19時頃くらいといわれているのです。
この時間帯に打ち水をすることで、日中は少しでも快適に過ごすことができ、夜は少しでも寝苦しくないようになれるということなのです。
そして、打ち水するのに最適な場所は日陰といわれています。
日陰に水を撒くことでゆっくりと水が蒸発し、日向との温度差によってそよ風を起こす効果が期待されるということなのです。

また、水は花壇などに撒いても効果があります。
植物が吸い上げた土の中の水がだんだんと蒸散されていくことと、植物の葉下の日陰のところを冷やすことで、打ち水としての効果が得られるということなんですね!
打ち水は水が蒸発するときに気化熱によって熱が奪われます。
気温低下と風の2重の対策を講じることにもなって、より効率的に涼しくできるということなのです。

ただ、打ち水は真夏の日向に行うと、暑すぎてしまってすぐに蒸発してしまう上に、湿度が上がってしまい蒸し暑くなってしまうので十分な効果が得られないといわれています。

太陽が出るちょっと前と沈んだ後のちょっと後という時間帯に日陰に打ち水を行うことが大切です!

まとめ

打ち水には、夏の暑さを和らげることに加え、道の土埃をしずめたり、お客様が訪れた時に心地よく迎えることができるなどの効果があります。
打ち水はエコ的な風習として最近見直されており、各地で打ち水イベントなどのようなものも開催されているのです。

暑い夏を少しでも涼しくする打ち水は地球にも優しく、環境にもいいという意味でこれからの暑い夏にとてもおすすめの暑さ対策なので、ベランダや玄関前に打ち水をしましょう!

夏関連の記事も一緒にどうぞ!

→ 【夏バテの原因は?】症状に合わせて対策を!元気に夏を乗り切ろう!

→ 【スイカ】の白い部分に栄養ってあるの?!美味しく食べる方法は?

→ 【トマト】の栄養効果は夏バテにも効く!ダイエットにも良い?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加