【自宅で簡単】大豆の上手な活用法!きな粉や納豆の作り方を紹介!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

日本人ならず世界でも人気が高い「豆」

豆って栄養があり健康にいいとわかっていても、嫌いな人も多いですよね。
特に給食にでてくると、残飯率が急激に高くなったりして…。

そんな嫌われ役の豆ですが、日本でも世界でも豆と言ったら多くは大豆か黒豆が浮かびます。
上手に食べている方ってどのくらいいるんでしょう。
美味しく食べるには、やっぱり相手を知ることが大事です。

ということで!ここでは、豆の代表格「大豆」についての昔ながらの利用法を、ご紹介していきたいとおもいます。

美容にも健康にも良くおいしい「きなこ」って何からできてる?

おもちにきな粉をかけて食べると本当においしいのですが、この「きなこ」一体何からできているのか知っていましたか?

実は私知りませんでした…

表示にさんざん「国産大豆使用」と書いているのに。
早く食べたくて、きっと見ていないんでしょうね(笑)

きな粉はナント「大豆」からできているのです。

きな粉って一度封を開けると、すぐに湿ってしまい、酸化して美味しくなくなったりします。これを防ぐには密閉して冷蔵庫で保管するか、早めに食べるしかないんですね。
たくさん買っても一度に使い切れる人は少ないのではないでしょうか?

きな粉は香りが命。

炒りたてのきな粉を味わいたい!
なので…
いっそ自分で作ってみてみようと思います。

自宅で簡単に風味豊かな「きな粉」が作れる!

きな粉を作るのは、とっても簡単。用意するのは、大豆、フライパン、フードプロセッサー、茶こし、ざる等。

1)大豆をプライパンで乾煎りする。
この時しっかり炒ると、きな粉にした時に香ばしい香りが増します。ただし炒りすぎると、苦味の原因になってしまうのでご注意を。
ちょうど良い加減だと20分ほど炒るといいです。

2)炒った大豆はざる等で表面のごみを取り、冷ましていきます。

3)冷めた大豆を、様子を見ながら最初は粗くフードプロセッサーでつぶしていきます。

ほとんどつぶれてきたら、今度は細かくなるまでつぶしていきます。

4)つぶれて粉末状になった粉の雑ゴミを、茶こしで落としていきます。

完全にこしたら出来上がりです!

出来たてのきな粉は、あたたかくて大変香ばしく、とっても美味しいですよ。
きな粉が自宅でできれば、きな粉が傷んでいても大豆さえあればきな粉を作るのが可能
お子さんでもできるし、食育にもいいですね!

一緒に楽しめる自宅できな粉づくりに是非チャレンジしてみてください。

大豆を使って納豆も自宅でできる!

大豆を発酵させたら、納豆ができる…とはわかっていても、自宅で作ろうとは思わないかもしれませんね。

なんせ納豆は、「うまい具合に食べられるように腐ったもの」と言われるように、発酵がうまくいかないと腐敗してしまうからです。

納豆を作る方法は、簡単に言えば「藁に茹でた大豆をくるんで発酵させる」ことで出来上がります。

やはり無農薬栽培の藁と有機栽培や減農薬栽培の大豆を使いましょう。

1)大豆は一日漬け込み、指でつまんでホロっとつぶれるくらいの柔らかさまで茹でましょう。

2)藁も茹でたり蒸したりして、雑菌をとっておきます。茹でるのも蒸すのも5分前後が良いです。

3)雑菌済みの藁に、茹でた大豆を入れ込みます。この時多少空気の出入りができるように隙間をあけるのがポイントです。

4)納豆菌は40~45℃の環境が一番発酵しやすいので、保温機能がある調理器具や、こたつの中でも発酵が可能。
といっても、誰か足の裏臭い!とならないように、家族に話しておく必要があります(笑)

ここで、発酵の時に注意したいのが、納豆菌は酸素を吸って繁殖していきますから、酸素がたっぷり入るところに保存することです。箱に入れるなら大き目の箱、こたつに入れるのも、時々酸素を入れ替えてやるなど、少し手間をかけると良いですよ。

上手く発酵しているなら、納豆が白くなっていきます。
残念ながら発酵がうまくいっていなければ、白くならずべちゃべちゃっとした印象になります。自分で作れるなら安く美味しく頂けることができますね。

まとめ

実は、昔の日本人は豆を好んで食べていたんです。
明治時代は戸口行商になっていき、毎日の朝食に欠かせないものだったとか。

今よりもずっと身近な「豆製品」。パンや洋食が並ぶ朝食が多いため、今の食卓ではとても想像ができないほどですね。
だからこそ、昔の時代を思い出せる「手作り大豆製品」なんて逆にオシャレかもしれません。

自宅で簡単に作れるのなら、お子さんとおじいちゃんおばあちゃんと一緒に、大豆製品を作りながら昔を語り合うっていうのも良いかもしれませんね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加