インフルエンザと風邪の違いは?効果的な予防方法をご紹介!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

風邪やインフルエンザが流行する乾燥が酷い冬には、予防が大切になりますよね。

1度、風邪やインフルエンザにかかってしまうと
症状が辛いだけでなく、抵抗力が弱まっている時には、肺炎などの二次感染を引き起こす恐れがあります。

重い病気を引き起こすだけでなく、最悪死に至る場合もある為、風邪やインフルエンザを軽く見てはいけません。
酷くなる前に、病院で診てもらわなくてはなりませんね。

しかし、一概に風邪やインフルエンザといっても、実はその症状が似ていて区別しづらいところもあります。
風邪と思って無理して学校に行ったり、会社に出勤した結果、実はインフルエンザだったなんて事もあると思います。

それが原因で、周りのみんなに感染してしまっては大変な事になってしまいます。

そういった事態を防ぐためにここでは

風邪とインフルエンザの症状の違いについて

見ていきましょう!

スポンサードリンク

風邪とインフルエンザの違いは?

まず、インフルエンザは日本だと11月から12月あたりから流行り始め、年が明けて1月から3月にピークを迎えます。

インフルエンザウィルスはA型、B型、C型があります。
ですが、流行しやすいのはA型とB型なんです。

A型とB型の場合、感染すると1~3日間ほどの
潜伏期間のあと、高熱や頭痛、全身の倦怠感、筋肉痛や関節痛などといった症状が突然現れます。

この症状が辛いんですよね。

その後、咳や鼻水などの症状が続き、1週間くらいで症状が治まっていきます。

一方、風邪は季節に関係なく、1年中かかる恐れがあります。
風邪の菌は年中無休で活動してるってことですね。

おもな症状は鼻水や喉の痛み、発熱、咳、頭痛になります。
風邪もウィルスが原因なので、通常は2~3日間で症状が良くなっていきます。

ですので、38度以上の高熱が出たら、
インフルエンザを疑って、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

予防方法は何がいい?

風邪やインフルエンザはウィルスが原因なので、ウィルスが体の中に侵入するのを防ぐことができれば、風邪やインフルエンザ予防が出来ます。

よく言われている手洗い、うがいも予防には大変重要になります。
手を洗う際にはしっかりと石鹸を使い、指先から手首にかけて丁寧に洗いましょう

また、うがいも勿論大切なのですが、
乾燥していると喉の粘膜にウィルスがつきやすくなるんです。

そこで、定期的に水分を摂り、喉についたウィルスを洗い流す必要があります。
ということは喉をよく潤している人は、風邪を引きにくくなるんです!

ウィルスを防ぐのに、人混みではマスクをつけるようにするのもいいですね。
また、水分を摂る際、殺菌効果の高いお茶を飲むのもオススメです。

そして何より、普段から風邪やインフルエンザに抵抗出来るような身体作りも必要になります。

十分な睡眠やバランスのとれた食事で、風邪を引きにくい身体を作ると風邪やインフルエンザなんか怖くないですね!
といっても、かかってしまう時はかかってしまいますが・・・

また、最近人気のあるマヌカハニーをご存知ですか?
ニュージーランドで採れる、非常に殺菌効果の高いハチミツなんです。

その殺菌効果の高さから風邪やインフルエンザ予防になる事がジワジワと知られるようになり、風邪やインフルエンザにかかりやすい人の間では予防対策として話題を集めています。
少しだけ独特な味わいのハチミツですが、
炎症を和らげる効果もあるので、インフルエンザウィルスの増殖を抑えてくれます。

殺菌効果を期待してマヌカハニーを購入する場合、UMF10+、MGO100+以上のものを選ぶのをオススメします。

これは、殺菌作用を数値化する事で、抗菌作用がどの程度あるのかをわかりやすく示しています。

数値が高くなれば高くなるほど、殺菌作用も高くなりますが、その分お値段も高価になります。

ですが!

マヌカハニーは風邪やインフルエンザ予防だけでなく、ピロリ菌除去や虫歯、歯周病予防などにも使われているんです。

いろんな敵をやっつけてくれるんです!

まとめ

風邪やインフルエンザが流行しやすい乾燥した時期は、積極的に予防対策を取り入れる事で、かかりにくい体を作る事が可能です。

また、一度かかってしまうと、症状が治るまでは辛い思いをします。

そして家族や友達に、二次感染を引き起こさないように気を付けて過ごさなくてはなりませね。

是非、風邪やインフルエンザに負けない体をつくって、今年の冬を元気に乗り越えていきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加