【歯周病改善】毎日の歯磨きとデンタルフロスで口臭が消える?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

歯周病が原因で口臭が発生していて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

どこかのCMで「成人の8割が歯周病」という
記載を目にしたことはありませんか?

実はこの数字には、少しの出血や歯石がある人も有病状態とされて含まれています。

ですが、ほとんどの人が自分は歯周病じゃないと思い込んでいるのが現状です。

実際、自分は口臭を放っている!!

と自覚している人はあまりいないんじゃないかなと思います。

自覚している人は、歯周病が始まっている可能性があるのですぐに歯医者さんにいくのがいいです。

実は、歯周病は「サイレントキラー」と呼ばれるくらい、知らないうちに口の中を蝕んでいく恐ろしい病気なのです。

ですが、毎日の歯磨き、デンタルフロスをしっかりと行うだけで

お口のトラブルは改善できます!

では、どのように歯磨き、デンタルフロスを

するのがいいのでしょうか?

スポンサードリンク

セルフケアで歯周病を治すには?

はじめに大切となってくるのが

歯ブラシの持ち方と磨き方です。

歯ブラシの持ち方をいまさら変えるのは大変かもしれませんが、本来の持ち方は

鉛筆を持つ形と一緒なんです。

大体の人は歯ブラシを握りしめてゴシゴシと歯を磨いていますが

実はその磨き形だと歯茎に傷をつけてしまったり、痛めてしまう恐れがあるのでオススメはしません。

鉛筆の持ち方で歯を磨くと余分な力が入らずに

磨くことができます。

ブラシはなるべく小刻みに動かす感じに、

ブラシの先を歯周ポケットに入るようにします。

そうすることにより、歯周ポケットの中のプラークが除去するのと同時に

歯茎のマッサージを行うことができます

ここで重要なのは力を入れすぎないこと。
プラークは硬いものではないので、柔らかいタッチで除去することができます。

しっかりとした磨き方をマスターすると

毎日の歯磨きが気持ちよくなっていきますよ!

099295

歯間ブラシやデンタルフロスを使う。

磨き方をマスターしても、歯の間のプラークは

取れていません。

そこで登場するのが歯間ブラシ、デンタルフロスです。

歯間ブラシは歯茎を傷つけてしまう恐れがあるので、ゆっくりと歯間にいれます。

こちらも気持ちがいい程度、歯茎に刺激を与えられればマッサージ

になるので効果的です。

デンタルフロスは、糸を歯間部に斜めにスライドしながらプラークを取り除きます。

しっかりと歯茎の下の方まで持っていきます。

驚くことに、しっかりと歯を磨いたはずなのに

肉片が出てきたり、食べカスが糸に絡まっていたりします。

歯茎に炎症がある場合出血することがありますが、日にちを追うごとに頻度は少なくなっていくので心配することはありません。

歯ブラシとデンタルフロスをうまく使うだけで歯周病は改善できます。

まとめ

歯ブラシまでは毎日やっているけど、歯間ブラシやデンタルフロスは使っていないという人は、

2日に一度でもいいので始めると口臭の強さに変化が現れてくるはずです。

毎日デンタルフロスを使っている私でも、

歯の間は臭ってしまいます。

毎日続けるのは大変ですが、ちょっとした心がけだけで口臭、歯周病は改善することができるので今日から頑張っていきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加