【アニサキス胃腸炎】に注意。感染経路は?予防方法は?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

アニサキス胃腸炎は昔から世界中で感染報告が絶えない病気なんです。

特に、日本では年間でなんと
2000件以上の報告がされています。

その理由として、日本では昔から魚を生で食べるという習慣があるからなんです。

実は、このアニサキス
我々の身近なところに潜んでいるかもしれないというのはご存知ですか?

そう。
もしかしたら、症状を訴える2000人の中に
あなたが入ってしまうことがあるかもしれません。

そうならない為にも、アニサキス胃腸炎は
どのようにして感染してしまうのか
どうやって予防すればいいのかを紹介して行きたいと思います。

そもそも、アニサキスとは?

この地球にはたくさんの寄生虫がいる中で、
最も私たちの近くにいると言ってもいいかもしれません。

主にアニサキスは、クジラやイルカなどの
海にいる哺乳類の腸管に寄生しています。
ここでアニサキスは成虫となります。

クジラやイルカがフンをした時、海の中に
アニサキスの卵が放出されます。

そして、アニサキスの卵は食物連鎖によって様々な魚へ移っていき、アニサキスの幼虫が
寄生していきます。

そして、最も怖いのが私たちが食べる魚にも寄生するということ。
私たちの食卓にもよく並ぶ

・サバ
・アジ
・サンマ
・鮭
・タラ
・イカ
・ホッケなど

と言った魚にも寄生しているのです。

これらの魚に寄生しているアニサキスの幼虫は
3センチ程の細長くて白く濁った様な色をしています。

アニサキスの幼虫は元から魚の身に寄生しているのではなく、魚が生きている内は内臓に寄生しています。

捕まえられて魚が死んでしまうと、アニサキス幼虫は内臓を食い破って身の方へ進出していきます。

なので、身からアニサキスが出てきてしまうんですね。

アニサキスはウィルスや細菌とは違って、
目視で取り除くことが可能ですが

魚の身と同化してしまう為、結構見えにくいので目を光らせて取り除いてください。

スポンサードリンク

アニサキス胃腸炎の感染経路と症状は?

この病気は、アニサキスの幼虫に寄生された魚を生で食べると感染してしまいます。

そして、人の体内に侵入して胃壁に食いついて
食い破ろうとしたりします。

主に、食後の6時間後に激しい胃痛や嘔吐、発熱も伴う場合があります。

しかし、細菌によるものではないので下痢にはならないというのが特徴です。

アニサキス胃腸炎になってしまったら?

まず、内視鏡検査ができる病院へ直行してください。
アニサキスの幼虫を取り除く事が一番の治療法です。

というより、異常な程痛いと思うので病院に行かないという選択を取った人は凄いです…

だいたいの場合が、内視鏡を入れて胃壁にいる
アニサキス幼虫を取り除く事ができれば
すぐに症状は良くなります。

なので、我慢はせず病院に行ってくださいね。

予防方法は?

要は、生の魚を食べなければ感染する事はないです。

と言っても、お刺身を食べずに生活するのは
厳しいので家庭でできる事としては、

・十分な加熱
・マイナス20℃以下で冷凍
・よく噛む

まず、十分な加熱ですが
アニサキスは熱に弱いので、加熱すると死んでくれます。

70℃以上の熱を与えると、瞬時に死滅させる事ができるので、加熱調理を行うと
かなりの確率で予防する事ができます。

つぎに、冷凍。
アニサキスはマイナス20℃以下で24時間冷凍すると死ぬ事が確認されています。

ですが、家庭用冷凍庫はマイナス20℃以下にならない場合があるので注意が必要です。

よく、アニサキス幼虫が寄生しているイカ
なんかはお刺身で食べる場合冷凍してあるのがオススメですね。

そして、最も簡単な方法がよく噛んで食べる事

非常に単純かもしれませんが、アニサキスは体の一部に大きな傷が付くと死んでくれます
なのでよく噛んで、歯でアニサキスを噛み砕くという事ですね。

ですが、臨床実験などの確実なデータがないので確実ではありませんので、注意が必要です。

常にそんなことを意識して食べてると美味しくないので、
包丁で鹿の子模様を入れたり、タタキにして食べるという方法もあります。

まとめ

たとえスーパーに売っているお刺身でも
ごく稀にアニサキス幼虫が隠れている場合があります。

アニサキス胃腸炎にかからない為にも、
生で食べる場合は食べる前にもう一度確認して、よく噛んで食べる
という心掛けが大切です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加