【みかんが凄い】白い筋にはビタミン豊富?肌にも効果的だった!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

冬といえば、こたつでダラダラしながらみかんを食べるのが至福の時ですよね。

柑橘系の果物の中でも、包丁など使わずに皮がむけるので
ついついたくさん食べてしまいます。

私も、一つ食べ始めると親指が黄色くなるくらい食べてしまいます(笑)
止まらなくなるんですよね

そんな、みんなに愛されているみかんですが、

ふと疑問に思ったことはありませんか?

あの白い筋は何?

果肉だけでいいんだけど、

結構あの白い筋は口の中で残ったり、ゴワゴワしてたりして取り除いてから食べる

という人多いと思います。

私なんかそうでした。(笑)

美味しくないんですよねあれ。

ですが、
実はあの謎の白い筋には体にいい効果をもたらしてくれるんです!

そこで

白い筋を食べると、体にどんなメリットがあるのか? 調べてみました!

そもそも、あの白い筋は何?

みかんの構造は大まかに外側から

フラベドと呼ばれる外果皮

アルベドと呼ばれる内果皮

じょうのうと呼ばれる果肉が入ってる薄い皮

そして、果肉

という順番で構成されています。

そして、問題となっているあの謎の白い筋

内果皮である、アルベドだったのです。

アルベドからは、人間でいうへその緒のようなものが伸びており

みかんの内部まで栄養や水分を運んでいるを通しています。

このアルベドと管が、みかんを剥いた際に果肉が入っている薄い皮にくっついて

あの謎の白い筋となっていたのです!

白い筋、アルベドは便秘を改善してくれる!

アルベドは見るからに食物繊維豊富そうに見えますが、その通りで

水溶性食物繊維というものが含まれています。

水溶性食物繊維は、いわゆるネットみたいなもので

体の中の余分なものを絡め取って外に出してくれるので、便通が良くなり

便秘を改善するのにもってこいなものなのです!

さらには、コレステロール値を下げてくれるので肥満気味の人や、ダイエットをしている人などには嬉しい効果ですよね。

スポンサードリンク

ビタミンCを守るビタミンP?

さらに、アルベドには便秘解消の他に、
ビタミンPの一種であるヘスペリジンと呼ばれるビタミン物質をたくさん持っているのです!

あまり聞きなれないヘスペリジンですが、

あの、風邪予防や美肌効果といった嬉しい効果を発揮してくれる

ビタミンCを壊れにくくして体の中へ運んでくれる性質をもっているのです。

まさに、ビタミンCの守護神的な存在ですね!

そしてアルベドには、ヘスペリジンが

なんと果肉の300倍も多く含まれているのです!

ということは、いままで果肉だけ食べてビタミンCを確保していたけれども、

アルベドと一緒に食べればさらに効率よく取れるということになりますね!

みかんを食べすぎると良くない?

ここまで、

白い筋と一緒にみかんを食べれば体にとってメリットばっかりじゃん
と思いますが、

食べ過ぎは禁物です。

1日に食べる量としては、

2、3個程度、多くて5個くらいが丁度いいのですが

10個も20個も食べてしまうと

逆にお腹を壊してしまったり、肌が黄色くなってくる柑色症になることもあるので注意が必要です。

私も昔、みかんを食べ過ぎて友達に
なんか、肌黄色くない?

と言われたので、すかさず

あー……ちょっと最近、みかんをたくさん食べてるんだ!
どんどん黄色くなって戦隊モノのイエローとか
目指そうと思ってさ!

と言ったことがあります。
ごめんなさい嘘です。

まとめ

何も気にしないで食べていたみかんでしたが、

やっぱりあの白い筋は捨ててはいけなかったんですね!

白い筋にこんなにもいい効果を発揮してくれるものが含まれていたのに

いままで捨てていたなんて勿体無い…

現代人にとって、食物繊維は取りにくいものとなっているので白い筋と一緒に食べてとるという方法で、元気に生活するのもいいかもしれません。

ですが、みかんの食べ過ぎには注意してくださいね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加