【インフルエンザ予防】紅茶はうがい薬よりも効く?口臭予防にも!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 
インフルエンザ予防として、手洗いやうがい、マスクをしている人多いと思います。
そんな中、効果的なインフルエンザ予防として話題となっている飲み物があるのはご存知ですか?その飲み物とは、なんと

紅茶

しかも、紅茶を飲み物として飲むのではなく、うがい薬として用いるというなんとも斬新な予防方があったのです。

その名も紅茶うがい
ここでは、紅茶うがいがどれだけインフルエンザに効果的なのかご紹介していきます!

紅茶うがいを用いたインフルエンザ研究

紅茶などのお茶類がインフルエンザウィルスを抑制するということを、昭和大学医学部細菌学の島村忠勝氏が報告しています。
島村忠勝氏らは1992年に約300人を対象とした調査を行いました。

内容は、一方の人々には市販の紅茶を用いて1日2回紅茶うがいをさせて、

もう一方の人々は特に何もしないで生活をさせて、A型・B型インフルエンザの感染率を調べるということ。

その結果、何もしないで生活をおくっていたグループの感染率が48.8%

紅茶うがいを行っていたグループの感染率が35.1%というデータになりました。

これらの数字を見るだけでも、紅茶うがいの効果はしっかりと出ていることがわかりますね。

スポンサードリンク

紅茶うがいは口臭予防にもなる

紅茶の成分にはもともと歯周病や歯肉炎といった口の中の病気を起こす原因物質の働きを抑えるという研究結果があります。
紅茶を口に含んでうがいをするだけで、虫歯などお口のトラブルも解消できるのです。

実は、うがい薬よりも効果は高い

紅茶うがいは、紅茶>うがい薬>緑茶>塩水>水道水の順番でどれよりも効果的だということがわかっています。
しかし、紅茶うがいは正しい姿勢で行わないとしっかりとした効果を得ることはできません。
その姿勢は、頭を後ろにぐーっとそらせて喉の左右にまで行くように首を少し傾けたり、あ〜〜と声を出して喉の開きに変化を与えながらうがいをするのが一番いいとされています。

紅茶うがい液のレシピ

材料はもちろん紅茶を使用します。

紅茶の茶葉を約1gほどコップなどにいれます。これはティーバッグのものでも構いません。

その後100mlの熱湯を注いで五分以上抽出させます。ここで注意して欲しいのが、注ぐ水の温度。温度が低いと紅茶の成分が抽出されない可能性があるので、沸騰したものをいれてくださいね!

五分以上経ったら、紅茶を水で二倍ほど薄めてうがい液として使用します。

人肌と同じくらいの37度程度の物が最も理想とされる温度なので、熱ければ氷などで温度を下げるといいです。
また注意して欲しいのが、紅茶の成分などが劣化して、雑菌なども増殖するので、24時間以内に使用してください!

一度にたくさん作って、冷蔵庫に保存して使用するといったことは他の病気を招く恐れがあるのでやめましょう。

紅茶の何がインフルエンザを抑制してるのか

これには、紅茶に含まれている紅茶ポリフェノール・カテキンが関係しています。

紅茶ポリフェノールの他の効果はこちらをご覧ください!

インフルエンザなどのウィルスにはスパイクと呼ばれるトゲトゲを持っています。

そのトゲトゲで喉などの粘膜に付着して体内にはいっていくわけなんですね。
そんな厄介なトゲトゲをカテキンは包み込んで感染力を抑制してくれるわけなんです!
ここで、疑問に思われた人もいるのではないでしょうか。
紅茶のカテキンじゃなきゃダメなのかと。
実は、そんなことはありません。
緑茶などのお茶類、カテキンの含まれているものであれば抑制してくれます。

まとめ

ここまで、紅茶うがいがインフルエンザに効果的だということを説明してきましたが
いちいち紅茶を抽出して、うがい液を作るのはめんどくさいと思われる人もいるかと思います。そんな方は、普通に紅茶を飲むだけでもインフルエンザの予防ができるので、こまめに紅茶を飲むのもいいかもしれません!
紅茶を飲んで、インフルエンザに負けない体作りをして、元気な毎日を送りましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加