【必見】人気の紅茶の種類は?オススメランキングトップ10をご紹介!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【必見】人気の紅茶の種類は?有名ブランドのランキングトッ

プ10を紹介!

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

とても種類の多い紅茶。

こんなにたくさんあると何を飲んでいいのか

どんな違いがあるのかわからなくなってしまいますよね。

そんな悩みを持った人に、ここでは人気の種類の違いとおすすめの種類をランキングにして紹介したいと思います!

スポンサードリンク

おすすめランキングトップ10!紅茶の種類と味の特徴!

第1位【ダージリン】

こちらの名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

別名「紅茶のシャンパン」と呼ばれてるほど、有名な紅茶として知られています。

インドのダージリン地方で採れる茶葉で、世界三大紅茶の一つとして多くの人々に愛されている紅茶です。

ダージリンには、年に3回の収穫期(ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、オータムナル)によってそれぞれ特徴の異なる変幻自在な紅茶でもあります。

ちなみに、セカンドフラッシュと呼ばれる時期に採れる茶葉の種類が一番、質が高いと言われています。

気になる味は、マスカットフレーバーと呼ばれる上品な甘い香りと、

深みのある渋みが特徴です。

緑茶の味に似ていると言われていることもあり、多くの日本人を魅了しているのもこれが理由かもしれないですね!

第2位【アールグレイ】

こちらは、茶葉にベルガモットと呼ばれる柑橘系の香りを着香した世界でも有名なフレーバーティーの種類です。

昔の作り方では、キームンと呼ばれる中国茶をベースに作られていましたが、

現在では、ダージリンや、アッサムをベースとしているものも生産されています。

フレーバーティーはベースの茶葉によって味が変化するので、自分に合った味を見つけ出すのもいいかもしれません!

ちなみに、マクドナルドさんで提供している紅茶の種類がアールグレイです。(2016/11月の情報です)

味の特徴としては、ベルガモット(柑橘系)のさっぱりとした爽やかな香りと味が人気の特徴ですが、好き嫌いがはっきりと分かれます!

第3位【イングリッシュブレックファースト】

皆さんも一度は聞いたことのあるブレンドティー

紅茶の本場であるイギリスの紅茶文化の中でもとても人気のある種類です。

ブレンド茶葉には、上であげたアッサム、セイロン、ケニア産などのものが使われています。

高級品のものにはキームンが使われることもあり、渋めの味が特徴です。

ブレックファーストという文字が入っていることもあり、目覚めの一杯にオススメな紅茶です!

第4位【キームン】

こちらも、世界三大紅茶の一つとして知られている中国紅茶の中でも最高峰の紅茶です。

中国の安徽省(あんきしょう)で栽培されており、紅茶の本場であるイギリスでも人気があります!

香りは非常に独特で、スモーキーな香りが特徴です。

クセがあるため、好き嫌いな分かれますが、かなり上品なテイストで、マイルドな味わいが病みつきとなり、紅茶愛好家の中では手放せない種類となっています。

第5位【アッサム】

こちらは、北インドのアッサム地方で収穫されている人気のある紅茶です。

ちなみに、アッサムミルクティーに最適な紅茶で、アイスティーには向かないという紅茶です。

味の特徴としては、ダージリンに比べて香りが少なく、タンニン(渋味成分)が多く含まれているため、コクがあり、甘みがあるのが特徴です!

【セイロン】

こちらは、スリランカを生産地とした紅茶で、収穫された地域によって異なった味わいを堪能することができる紅茶です。

収穫された地域によってそれぞれ名前も異なるので、一つ一つ紹介していきたいと思います!

第6位【キャンディー(セイロン島中央部)】

クセが少なく適度な渋みコクのある味が好まれています。

こちらも、飲みやすいので比較的、日本人に好まれている紅茶の種類でもあります。

 第7位【ウヴァ(セイロン島南東部)】

世界三大紅茶として有名な種類となっています。

香りも風味もクオリティはとても高く、味は程よい渋みと、

独特のメントールのような爽やかな香りがアクセントとなり、多くの人が病みつきになる紅茶です。

 第8位【ディンブラ(セイロン島中央部)】

ダージリンに比べて渋みが少なく、バラに似た香りが特徴です。

香りがとてもよく比較的飲みやすいので、日本人に好かれている人気の紅茶です。

第9位【ヌワラエリヤ(セイロン島中央部)】

標高が高い地域で採れるこの紅茶は、収穫の時期や茶園などによって香りが変化し、上品なものでは花のような爽やかな香りと、しっかりとした味わいが特徴です。

第10位【ニルギリ】

南インドで生産されいるので、セイロンのような爽やかな香りを感じることができる紅茶です。

クセが少ないことが特徴で、ブレンドティーフレーバーティーの材料としても活用されています。

茶園によって柑橘系の香りがするものもあるので、さっぱりとした茶葉もあります。

味の特徴として、上でもあげたように、クセが少なく程よい渋みがアクセントとなっているのでレモンティーやミルクティーにして飲んでも楽しむことができます!

まとめ

おすすめの人気の種類とそれらの特徴の違いをランキング形式で紹介してきました。

紅茶は本当に種類が多いので、まずはここに挙げた人気の紅茶から試してみるのもいいかもしれません!

普段の日常に華やかなティータイムを添えるだけで毎日が楽しくなるので、

この記事を機にあなたも、ますます紅茶好きになってもらうと嬉しいです!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加