【トマト】の栄養効果は夏バテにも効く!ダイエットにも良い?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

トマトは、美容や健康に良い野菜ですが、夏バテにも効果があります。
夏バテで食欲がない時にトマトを食べるとなぜいいのでしょうか?

今回は、トマトに含まれているどんな栄養が夏バテに効くのかを調べていきましょう!

トマトの栄養

トマトには、ビタミンC、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンEなどが含まれています。
様々なビダミンが含まれているんですね。
中でもカロテノイドの一種で、赤い色素成分のリコピンが含まれているのが特徴的
リコピンは、β-カロテン以上の高酸化力があり、ガン、動脈硬化などの予防効果があります。

トマトには、13-oxo-ODAという脂肪燃焼効果のある成分も含まれているので、ダイエット効果も期待できるんですね。

他にも、血糖値の上昇を抑えるクエン酸、脳の働きを活性化させるグルタミン酸、血液をサラサラにするピラジンなど多くの健康成分が含まれています。
リコピンの高酸化力をアップさせるには、ビタミンEを多く含むゴマ、ピーナッツ、アーモンドと一緒に食べるのが効果的ですよ!

トマトの夏バテ解消効果

トマトに含まれているビタミンB1は、不足すると乳酸が溜まりやすくなり、疲れやすくなります。
不足すると、食欲不振にも陥ることがありますので、トマトは夏バテによる食欲不振解消にも最適です。

それから、トマトに含まれているビタミンB2は、炭水化物、たんぱく質、脂質がエネルギーとして働くのをサポートしてくれるので、三大栄養素と一緒に摂取することで、夏バテを克服することができます。

猛暑で疲れてしまった時は、梅干しやレモンといったクエン酸を含む酸っぱい食べ物が最適。トマトにクエン酸とリンゴ酸が含まれているので、疲れを取ると共に、食欲増進効果も得ることができます。
また、トマトに含まれているカリウムは、むくみ防止や疲労回復に効果がありますので、暑さで水分を取り過ぎてむくんだ体を元に戻すしたり、体のだるさを改善することができるんです!

トマトって美味しいだけじゃなく人間に凄くいい効果をもたらしてくれるんですね!

夏バテ対策の記事も一緒にどうぞ!

【夏バテの原因は?】症状に合わせて対策を!元気に夏を乗り切ろう!

スポンサードリンク

効率の良いトマトの食べ方

トマトに含まれているビタミンCは、美白や風邪の予防などに効果がありますが、トマト100gを食べると1日に必要なビタミンCの約20%を摂取することができます。(普通のトマトが約200g)

筋肉疲労を回復すると共にアルコールの代謝の代謝を促進してくれるグルタミンも含まれているので二日酔いの予防にも効果的。
だから、冷やしトマトがメニューにあるのか!

野菜は、加熱すると栄養が流れ出てしまいますが、トマトの場合は、加熱した方がリコピンの吸収率が高くなります。
そのため、トマトを使ったミートソースパスタは、非常に理にかなった料理なのです。
統計的にも、イタリアではガンになる確率が低いと言われています。
また、トマトとミニトマトを比較すると、リコピンの含有量はミニトマトの方が高くなっています。

トマトと肉

夏バテ対策には、トマトと肉のコンビネーションが最適です。
口当たりの良いトマトの酸味は、爽やかに食欲を誘ってくれますよね!
トマトを生のまま食べると失われた汗に含まれているミネラルを補給することも。
同時に、水分と食物繊維も補給できるので、トマトは夏バテにおすすめなんです。

肉と一緒に食べると、ペプシンという消化酵素が分泌されるのですが、ペプシンの働きをサポートしてくるのが胃酸です。
トマトに含まれているクエン酸が、胃を適度に刺激して、胃酸の分泌を高めてくれます。
お肉の栄養を摂取したくても水分を摂り過ぎて、胃酸が水分で薄まっている状態だと消化不良を起こすので、お肉でスタミナを摂る時は、トマトと一緒に食べてみて下さいね!

まとめ

ミニトマトは、プランターでも簡単に栽培することができますし、水を控えめにした方が、甘く育つと言われています。
冷やしたトマトが食卓にあるだけでも夏バテ解消に役立つので、なるべく食べるように心がけるといいですね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加