【背中のブツブツ】原因と治し方は?実は3つも種類があった!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

自分では気が付きにくい背中のブツブツ…
指摘されて初めて気が付いたという人も多くいます。
宿主の目を盗んでコソコソと寄生する厄介な奴らですよね。

そもそも、どうして背中にブツブツができてしまうのでしょうか?
そこで今回は、背中にできるブツブツの種類と考えられる原因と治療方法、そして予防法などについてご紹介していきたいと思います!

種類と原因・治し方は?

背中のブツブツには主に3つの種類があるといわれています。
まずは、背中ニキビからご紹介。

・背中ニキビ

名前の通り、背中にコソコソと発生するニキビ。
この身体にできるニキビは、顔のニキビと違っていて、アクネ菌が原因なのではなく、マラセチア真菌というカビの一種が原因になっているといわれています。
マラセチア真菌によって皮脂が分解され、刺激性の物質ができて皮膚に炎症が起こったのが背中ニキビなのです。

背中は皮脂分泌が多くて、マラセチア菌の増殖が起こりやすいといわれています。
背中ニキビはマラセチアが原因菌であることからマラセチア毛包炎とよばれることも。
そのため、抗真菌剤を投与して治療が行われることが多いのです。

・毛孔性苔癬

毛孔性苔癬は同じところにブツブツしたものが生じて毛穴に角質が詰まり、盛り上がる症状です。
健康上の問題には発展しませんが、美容的にはあまり歓迎されません。
生理現象の1つと解釈する考え方もあり、病気ともいえないと考えられています。
治療はサリチル酸などの薬液を用いて角質を溶解するケミカルピーリングが行われます。
乾燥するとさらに悪化するので保湿剤を塗布するなどの方法で対策されています。

・アテローマ

あまり聞きなれない名前のアテローマは、皮膚の新陳代謝によって表面に押し出されてきた老廃物が、正常に排出されずに、皮膚内側に留まってしまった状態のものを言います。
皮膚にしこりが発生し、だんだんと大きくなっていきます。ムクムクっと。

皮膚内の老廃物を餌にして細菌増殖が起こると、痛みのある炎症につながる場合もあります。
治療は、局所麻酔をして切除。
炎症がある時には抗生物質で患部の細菌を処置します。

スポンサードリンク

多く見られる背中ニキビの対策法

ここからは、上記で紹介した3つの中でも最も多い背中ニキビにフォーカスしていきます。
先ほどでも書いた通り、背中のニキビは多くの場合、マラセチア真菌が原因菌です。
この菌は、皮膚の乾燥やストレスなどで増えた皮脂分泌によって繁殖します。
そして皮膚が炎症を起こしてニキビが生じるのです。

そのため、カビの一種であるマラセチア真菌に対して抗真菌剤を投与します。
また、背中ニキビの種類に応じて、適切な処置を行っていきます。
乾燥をするとトラブルにつながりやすいといわれているので、予防として保湿化粧品を使うことも有効。
不衛生な状態の寝具や寝間着などが皮膚に接していると、背中ニキビにつながりやすくなるといわれることもあるので、肌に触れるものの衛生状態を保つことも重要です!

悲惨な背中ニキビにならないために

上記のことに加え、不規則な生活による睡眠不足や過剰なストレスなどは、自律神経の乱れにつながって、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまいますので、規則正しい生活を送り、飲酒やカロリーの高い食べ物の過剰摂取には気を付け、適切な治し方をしないと跡になってしまうことがあるので注意が必要です。

また、自宅で簡単に治していくのにおすすめなお薬がプラクネ♪

これ一つで顔ニキビから背中ニキビまで対応できるのでおうちに一ついかがですか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



背中や腕などのニキビケアに!プラクネ♪

まとめ

背中のニキビを指摘されて初めて気が付いたという人も多く、背中のニキビは自分では見えず、痛みなどもあまりないと気が付かないことも多いといえます。
背中にできるブツブツの種類によっても考えられる原因と治療方法などが異なっていましたね。
しっかりと原因と対策を知って、美しく背中を目指しましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加