【綺麗な歯が与える印象】日本と海外では意識が違う?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

きれいな歯は、相手にとてもよい印象を与えます。歯が素敵な人の笑顔はとても素敵ですよね。
いつもぶすっとしていたり、めったに笑わないといった人よりが、ニコッとした際に白くて綺麗な歯がキラーンと見えると、印象が少し変わったり。
芸能人やハリウッドスターの歯を見てもみんな美しい…
実は、日本人の持つ歯に対する美意識と、海外の美意識には差があるといわれているのをご存知ですか?

そこで今回は、日本と海外の歯に対する意識の差、綺麗な歯が相手に与える印象についてご紹介したいと思います!

日本と海外の歯への意識の違いは?

日本人と欧米人の歯に対する美意識の違いは、欧米人は定期的に歯科治療に行く人が多いのですが、日本人は、定期的に歯科医にはいかない人が多いというところに美意識の違いがあるといえます。
スウェーデンでは、約70%の人が年必ず歯医者で定期健診を受けるといわれています。
しかし、日本ではわずか30%弱の人が定期健診に行っているだけだというそうです。

そして、日本人が歯科医院へ行く最も多い理由は、歯がしみるようになったり、痛くなったり、グラついてきたりというように、何かしらの症状が出た時が多いといわれています。
ところが、欧米では歯の治療費が高額という事情もあり、虫歯や歯周病などの予防に対する意識はとても高いといわれています。

そのため、特になにも不快な症状がなくても、半年に1回は歯科医院へ定期健診や歯のクリーニングをしてもらうために歯医者さんに行く人がとても多いのです。
また、子どもの矯正も美的な目的のために行われたりしています。
つまり、日本人は虫歯になってから歯医者さんに行くという人が多く、それに対して欧米人の場合は、歯が悪くなってから治療費をするとより高額になるので、予防のために歯医者に通う人が非常に多いのです。

その根底にあるのは、日本人と欧米人の歯に対する考え方の違いといえますね。

スポンサードリンク

歯を綺麗にするメリットは?

では、歯をきれいにするメリットはどんなことなのでしょうか。
まず、歯並びがいい場合、歯磨きがしやすいので歯を健康な状態に保ちやすいということが挙げられます。
歯並びが悪いと歯の隙間が狭かったり、重なっている箇所があるので、歯ブラシの毛先が届きにくくなって、食べかすやプラークが取り除きにくいのです。
清潔を保つのが難しくて、虫歯や歯周病の原因になりやすくなってしまいます。
また、歯磨きにも時間がかかってしまいます。

また、歯並びが悪いと唇や顔のバランスが崩れてしまって、引きつったような笑顔になってしまうこともあり、顎関節症になりやすくなったり、口角の位置が違ったり、ほうれい線が片方だけにできてしまったりします。

綺麗な歯はどんな印象を与えるのか。

やはり、歯が綺麗だと第一印象がとても良くなる傾向があります。
自然で素敵な笑顔は、相手にとてもよい印象を与えて、相手に素敵と思ってもらいやすいのです。
そのため、芸能人は歯の美しさをとても大切にします。
芸能人は歯が命という言葉があるように、歯がきれいなことは笑顔の魅力をアップさせてくれて、観ている人に好印象を与えることができるのです。
あるデータでは、「清潔感がある」「健康的に見える」「上品」「育ちが良い」と外見的な部分だけではなく、内面的なイメージまで影響があるという事がわかっています。

まとめ
いかがでしたか?

やはりきれいな歯は相手にとてもよい印象を与えるということがわかりますね。

少し意識を変えてみて、これからは歯の治療にではなく、予防のために歯医者さんを訪れるのはいかがでしょうか。
美しくて自然な笑顔にしてくれるキレイな歯を保つことは、虫歯や歯周病など、様々な口腔内の病気予防にもなったりしますし、笑顔に自信も持てるようになりますよ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加