【髪の毛の紫外線対策】オイルトリートメントで防げるの?!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

強い日差し…
肌は、日焼け止めクリームを塗ったりして、紫外線予防をしますが、
髪の紫外線対策を行っている人は少ないのではないでしょうか。

対策はしたいけど、髪用のUVスプレーってなんか髪の毛によくなさそう…
そこで!UVスプレーを使わない方法で紫外線対策出来ないかと思いー
髪の紫外線対策と、トリートメント(アルガンオイルやココナッツオイル、馬油)について調べてみましたので、参考にしてみて下さいね!

髪は顔よりも紫外線を浴びている

光は、電磁波の一種です。
波長が短ければ短い程、肌への透過率が高くなるんです。

たんぱく質で構成されている髪と頭皮は、紫外線を浴びることで、たんぱく質の結合が分解されてしまったり、毛母細胞にダメージを受けてしまいます。
そうなると、細く抜けやすい髪が生えてきて、薄毛の原因にもなってしまうのです。

また紫外線は、顔の3倍もの紫外線が頭に降り注いでおり毛根を攻めています。
だからといって紫外線を避けるためにずっと帽子を被っていると、頭の中が蒸れて頭皮にダメージとなる場合があるので、定期的に帽子を脱ぐように心がけてくださいね!

紫外線によるダメージは?

紫外線が髪に与えるダメージは、幾つかあります。
例えば、髪を染めている場合だと、紫外線によって染めた色が飛んでしまいます。
そのため、髪を染めている人が長時間紫外線を浴びると、髪の色が明るくなる光老化が起こるんですね。
特に、紫外線が当たる髪の表面を中心に髪色が飛んでしまいます。

髪色だと、アッシュやマットといった寒色系の色が、飛びやすいと言われています。
また、色が飛んでしまうだけでなく、毛先が枝毛や切れ毛になってしまいます。

外で過ごす時間が長い人は、美容室で髪を染める時に、色が抜けにくい色を相談して髪を染めるようにしましょうね!

スポンサードリンク

紫外線にはアルガンオイル!

体全体に使える万能オイルとして有名なアルガンオイル。
これが配合されている洗い流さないトリートメントは、髪に潤いを与えてくれます。
しかも、アルガンオイルには、紫外線を予防する効果もあるので心強い!

紫外線予防といっても、SPF5くらいしかないのですが、ビタミンEが豊富に含まれているので、油が劣化する心配がないので、安心して髪に付けることができます。
さらに頭皮マッサージにも使える優れもので、髪に潤いと張りを与えてくれます。

シャンプー後タオルドライした髪に数滴アルガンオイルを馴染ませてからドライヤーで乾かすと、紫外線による髪のパサつきを改善することができますよ!

もちろん、乾いた髪にも使えます。椿油のようなベタ付きがなく使いやすくてオススメです。

ココナッツオイルも最適!

飲んだり、肌に付けたりと用途の広いココナッツオイルには、ビタミンEの一種である、トコトリエノールという抗酸化作用の高い成分がたっぷり含まれいるので、紫外線で傷んだ髪のトリートメントに最適です。
トコトリエノールは、浸透性が高いので、髪や地肌を健康にしてくれます。

またココナッツオイルもトリートメントだけでなく、紫外線予防効果もあるのでオススメ!

馬油は?

馬油は、人間の皮脂と構造が一緒なので、馴染みやすいオイルとして親しまれていますね。

髪のトリートメントとしても使用することができます。

ここで気をつけて欲しいのが、馬油は紫外線対策にはあまり向いていないのです

分子構造が酸素と結合しやすい形となっている為、酸化しやすいんですね。
ですので、昼間にはつけず夜用のオイルトリートメントとして使用することをお勧めします。

お勧めの使用方法はまずシャンプー前に、馬油で頭皮マッサージをしてからシャンプーをしてみて下さい。

頭皮マッサージのオイルとして使用すると、頭皮の血行が良くなり毛を丈夫にすることができます。
そしてシャンプー後に髪に馬油を付けて、トリートメントすると、見違えるようなしっとりとした状態になりますよ!

まとめ

紫外線は、メラニン色素を破壊して、髪の色を退色させてしまいます。
紫外線を長時間浴びてしまったら、その日のうちにトリートメントをしっかり行うことが大切。
ちょっと近所のコンビニまで行くだけだけだから大丈夫、と思って過ごしていると、小さな積み重ねによって夏が終わった頃になると、蓄積された大きなダメージとなってしまいますのでご注意を!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加