【もやし】の栄養価と効能は?実は見た目よりも凄かった!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

あなたがもやしについて聞かれて連想するイメージとはどのようなものでしょうか。

一般的に言われるのはカロリーが低くダイエット食品としても食されることがあるため、栄養価が低いという印象があり、細く弱々しい人に対しても使われたりするのもその印象を助長しています。
さらに、スーパーに出かけるとその値段の安さも目につきます。
その先入観を持ったまま食べると、確かにシャキシャキと良い食感があるものの、ほとんど水分を取っているような気がしてくるのもわかります。
しかし近年見方が変わってきていますよね。

そのカロリーの低さだけを見るのではなく栄養素に着目してみると素晴らしい効能があることも事実であり、積極的に摂取する人も出てきているんですよ。

そこで、今回はもやしの栄養と効能について調べていきましょう!

もやしって何者?

そもそも、もやしとは穀類などを発芽させることを指す言葉でしたが、今では豆を発芽させたものをそう呼ぶのが通常になっています。

また、発芽した状態では見た目がよく似ているものもありますが、これにはいくつもの種類が存在します。

一つは緑豆。
これは日本での生産量が非常に多いもので、豆そのものはその名前の通り緑色をしたものになります。

続いての黒豆も生産量が多く緑豆もやしに並んでメジャーなものとなっています。
その他、アルファルファやピーナッツ、大豆によるもやしがあります。
それぞれに特性があり、水分の具合から食感の違い、そして栄養素の違いなどから料理方法にも差異が出てきます。

スポンサードリンク

もやしが含む4つの大きな要素

それではもやしには実際どのような栄養素が含まれているのでしょうか。

代表的なものにビタミンC、アスパラギン酸、食物繊維、そしてカリウムがあります。

一つ一つ説明していくと、まずビタミンCは言わずと知れた免疫力の向上、そしてコラーゲンも作ってくれます。

次にアスパラギン酸についてです。
これはなじみがあまりないかも知れませんがアミノ酸の仲間でありエネルギー代謝に働きかけることで結果として疲労の回復などの効果が期待できます。

食物繊維も今となっては非常に有名なワードですね。
コレステロールの抑制や便秘に効き目があります。

カリウムは血液循環に作用することができるため血圧を下げたり筋肉の機能向上に繋がってもきます。
もやしの種類によって栄養素のバランスや量は違ってきますが全体としてはやはりこの4種がメインとなっています。

特に主要な緑豆と黒豆について言うとビタミンCの含有量が秀でていることが特徴となっています。
さらに重要なことに食材に含まれる要素を最大限に発揮するには保存の仕方や料理方法が重要なポイントになってきます。

基本的に長持ちはしない食材であるためすぐに使い切るか水気を切って真空パックするのがベスト。
料理の際に気を付けることは短時間で終えることと、できればひげの部分を取らずにおいておくことでビタミンCをより多く閉じ込めた状態に維持できます。

とにかく買ってから口に入れるまでの時間は短いほうが良さそうです。
このようにもやしには多くの効能があり、総合的にみると美容やダイエットに力を入れている方にはおすすめできるものであると言えるでしょう。
コストパフォーマンスも非常に良いだけでなく味にくせがないことも良さの一つですよね!

その安さから大量買いをしてラーメンや野菜炒めなどに大量に入れても邪魔になるような存在にはならず、比較的何とでも相性よく食を楽しむことができます。

まとめ

ここまで知ることで少々もやしを見る目が変わってきたことだと思います。
弱々しく、なんとなく栄養価が低そうなイメージでしたが実際は優秀な食材。

是非、様々な面からみてバランスの良いもやしを取り入れて食生活を送っていきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加