【香害】いい香りで頭痛がする?化学物質過敏症が原因だった!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

みなさんは香害という言葉をご存知でしょうか?

香害は香水や香りつきの柔軟剤などから出る香りによって不快になったり、健康被害を受けるといったいわゆる一つの公害のことをいうのです。

スメルハラスメントともよばれて、喉に刺激があったり、呼吸困難の症状なども引き起こすという被害なのです。

ニオイという目に見えないモノで、個人差がある為なかなか第三者には理解してもらえないことがしばしばあります。

そこで今回は、香害についてご紹介していきたいと思います!

香害とは?

香害は、香水や香りつきの洗濯洗剤や柔軟剤に含まれている香料の香り成分が他の人の不快感につながったり、健康被害を被ることを言います。

香り成分による公害ということから、香害と呼ばれるようになりました。

その発生原因として、香水のつけすぎや洗濯時に香りの強い柔軟剤などを使い過ぎたことなどが挙げられているのです。

スポンサードリンク

香害の症状って?

基本的に、香りの感じ方には個人差があります。

同じ香りでも、ある人にはいい香りだと認識されても他の人には不快な香りになる場合がありますよね。

香害は不快感だけでなく、咳や頭痛、喘息の症状や吐き気などの症状を誘発する場合もあるのです。

香りというのは、空気中に漂うので、同じ空気を共有している以上、ここから向こうは香りは入れないという空間を設置しない限り、その場にいる人に受動的に香りにさらすということになってしまうのです。

香害は化学物質過敏症を引き起こす原因にも。

化学物質過敏症とは、極めて微量の薬物や種々の化学物質に曝露されることで引き起こされる疾患なのです。

化学物質過敏症で、動けなくなるほどの筋肉痛や脱力感といった運動障害や頭痛や呼吸困難や動惇などの循環器症状が見られたり、視力低下や眼の炎症などの眼科的症状やかゆみなどの皮虜症状や微熱や月経不順がみられるようになった人の事例もあります。

その人は化学物質過敏症の1級に認定されたのです。

嫌われやすくて症状が出やすいニオイ

香害があるとアレルギーや中毒、免疫異常や精神性疾患などの症状が出る場合があります。

どれも香りに含まれている化学物質に過敏に反応して起こる症状なのです。

一度吸い込むと症状が現れて、多くの場合にはその場を離れても持続して住まうのです。

症状は人によって違っているのですが、のどや鼻粘膜への刺激や、動機や息吐き気や頭痛などのようにいろんな症状がありますし、これらが一度に出るという深刻な場合もあります。

特にタバコは毒性が強くて、重い症状になる人も多くいるといわれているんです。

タバコの副流煙は喫煙している人から周囲7メートルくらいまで広がってしまうといわれていて、においも気になって嫌だという人も多いにおいなんです。

また、香水、オーディコロン、シャンプー、整髪料などの香料も人によって嫌な臭いだと思ったり、きついにおいだと思ったりとそれぞれなんです。

これらの商品には合成香料として化学物質が使用されています。

合成香料は石油系の原料を化学反応させて作られていて、香料を溶かす溶剤にも化学物質が含まれているのです。

商品によって使われる化学物質は異なっています。

そのため香害によるアレルギーといっても、いろんな種類の香りに症状が出る人もいれば、特定のものに対して強い症状が出る人もいるのです。

まとめ

ここまで香害についてご紹介してきましたが、香害を受ける側になるととっても深刻な問題ですよね。スメルハラスメントともいわれる香害によって、健康被害を被っている人もいるのです。

そのため、自分たちが香り商品を使う時にはまずはいろんな面で考えてみることが大切ですよね。

そして、場合によっては無香料の商品を選択するというチョイスも必要になるのかもしれないですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加