【ノロウィルス】なぜ牡蠣から感染するの?生食用と加熱調理用の違いは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

海のミルクと呼ばれている牡蠣

お鍋に入れたりフライにして食べるのもいいですが、やはり生で食べる牡蠣は最高ですよね。

私もスーパーで生牡蠣を見かけると、よだれが出てしまい、ついついカゴの中に入れてしまいます。

すごく美味しい生牡蠣ですが、やはり気になるのは、毎年生牡蠣が原因で多くの人が苦しむ

ノロウィルスですよね。

ですが、なぜ生牡蠣からノロウィルスの感染は多いのでしょうか?

さらには、スーパーで加熱調理用と生食用と二種類あるけど、どんな違いから区別されているのでしょうか?

調べていきましょう

ノロウィルスを持っているのは牡蠣だけ?

結論を先に行ってしまうと、ノロウィルスを持っているのは牡蠣だけではないのです。

牡蠣やシジミ、アサリ、ハマグリなどといった二枚貝がノロウィルスを多く持っています。

しかし、シジミやアサリなどはほとんどがお味噌汁などにして加熱して食べるため、

生で食べる機会がないから感染しないのです。
もし、生で食べる習慣があればアサリやシジミなどからもノロウィルスは検出されているでしょう。

ですが、牡蠣は生で食べる習慣があるので

牡蠣を食べたらノロウィルスに感染した!

なんてことが毎年起こってしまうわけですね。

なぜ二枚貝はノロウィルスを持つのか?

これは、貝たちの生態系が大きく関わっているです。

例として牡蠣を見てみましょう。

牡蠣の餌、植物性のプランクトンなどがほとんどです。

そのプランクトンを食べるときに、大量の海水と一緒に吸い込んでプランクトンだけこしとります。

そのときにノロウィルスとプランクトンが一緒に食べられてしまい、牡蠣の内蔵に蓄積されてしまうわけですね。

ということは、ノロウィルスがいない水で牡蠣を養殖すればいいんじゃないか?
と考えますが、無菌状態を維持するのはかなり難しく、ゼロにできないのが現状なのです。

スポンサードリンク

生食用と加熱調理用の違いは?

この違いを決めているのは、ノロウィルスなどによる細菌によって牡蠣が

どのくらい汚染されているのかを判断して

細菌の数が少ないから生食用

こっちは多いから加熱調理用
と決められているのです。

ということは、生食用だからと言ってノロウィルスに感染する確率がゼロということではないのです。

いやー、いままで安心して食べていましたが、運良くノロウィルスを持った牡蠣を食べていなかったということなんですね。

えっ?じゃあ生食用の牡蠣やめといたほうがいいじゃん!

となりますが、生食用の牡蠣はノロウィルスによる汚染を徹底して低く作っているので、

感染する確率はゼロではないですがとても低いということになります

加熱調理用はどのくらい加熱すればいいの?

ノロウィルスは加熱すれば死んでくれるので確実に感染を防ぐのであれば

生食用の牡蠣も加熱して食べるのがいいです

その時の温度は、加熱調理用も生食用も

なるべく85〜90℃以上で90秒間以上加熱するのが理想です。

要するに、牡蠣の内蔵を上記の温度で加熱すればノロウィルスは死んでしまうので

沸騰したお湯やお鍋に牡蠣を入れて、数分煮込めば大丈夫だということになります。

まとめ

生食用も加熱調理用も加熱して食べるのが理想です。
しかし、生牡蠣を無性に食べたくなったときはリスクを承知の上で食べなければいけませんね。

まぁ、私はその感染するかもしれないというスリルが生牡蠣をさらに美味しくさせている気もしますが(笑)

私は、ノロウィルスに感染したくはないけれど生牡蠣が大好きなので、生食用という文字を信じて食べていきます!

皆さんも、生牡蠣が好きなのであればノロウィルスが怖いですが食べるべきです!
ですが、加熱調理用を生で食べることだけはやめてくださいねw

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加