【ノロウィルス】マスクで予防?感染経路を作っているのは自分だった!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

寒くなると猛威を振るうのがノロウィルスとインフルエンザです。

どちらも辛い症状ですが、
ノロウィルスの嘔吐や下痢といった症状は特にキツイですよね。

そんな、恐ろしいノロウィルスを予防する方法として

手洗いうがい、マスクを着用するといった王道の方法がありますが

やはり、一番大切なのは敵を知り、体内へ入れないこと。

ここでは、改めてノロウィルスを知って知識を高めた上で、感染を防ぐ方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

最近のノロウィルスは?

みなさんもご存知の通りノロウィルスは非常に感染力が強いウィルス性の感染性胃腸炎です。

毎年かかる人とかからない人がいますが

一度感染したことのある人なら、免疫力が上がっているので感染する確率は少し低くなります。

が、

最近のノロウィルスはこれまでとは違う遺伝子配列を持つようになり、免疫を持っている人でも感染しやすい傾向にあるのです。

また、特に気をつけなければならないのが、乳幼児や高齢者の感染です。

もちろんノロウィルスは、相手を思いやる気持ちというものを持っていない悪いヤツなので
乳幼児であろうと高齢者であろうと、激しい嘔吐や下痢の症状を引き起こさせ、

脱水症状など最悪の場合、死に至らせます。

ほんと、怖いウィルスですよね。

さらに厄介なのが、手を消毒するエタノールが効かないということ。

シュッシュッってやるだけじゃ死んでくれないんですね。

ノロウィルスを倒す消毒液として知られているのが次亜塩素酸ナトリウムですね。
ですが、これは直接手に付けると手が荒れてしまうので、エタノールのように手になじませることができません。

やはり手洗いで予防するのが一番なんですね。もちろんうがいも大切ですが。

でも、実は石鹸でノロウィルスは死んでいないんです

あくまでノロウィルスを手から洗い流すという気持ちで手洗いをしなければノロウィルスは手からいなくならないんです。

しかも、ノロウィルスはめちゃめちゃ小さなウィルスなので、手のしわや爪といった隙間に入り込んでしまい入念に洗わないと流れてくれないのです。

ほんと、厄介なやつですよね。

マスクで予防できるの?

そもそもノロウィルスの主な感染経路は、経口感染です。

感染者が料理をしてその食べ物を通して体内へ進入したり、ウィルスが付いているカキなどの貝類をしっかりと中まで加熱できていないで食べてしまって感染することが多いのです。

また、現代人が肌身離さず持ち歩いているスマートフォンなどの携帯電話にウィルスが付着していたりする恐れがあります。

スマートフォンが媒体となってウィルスが手に移ってしまうこともあるのです。
ほかにも、飛沫感染や空気感染なども近くに感染者がいるかいないかで変わってきますので

ゼロではないですが、それによって感染する確率はとても低いです。

じゃー、マスクしなくてもいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、マスクはつけたほうがいいです。

なぜかというと、人間は無意識のうちに口周りや鼻を触っていたりします。
もし、ウィルスが付いた手で口や鼻を触ってしまった場合
そのウィルスは顔に移って体内に入って感染しまう恐れがあります。

それを防ぐために、マスクをしておけば無意識のうちに口周りや鼻を触ってもマスクがあるので感染するリスクを下げることができるのです。

あらかじめ自分の行動を先読みしておいて、マスクで感染経路を遮断するということですね!

まとめ

ノロウィルスは、吐いたり便を出したりしてウィルスを外に出せば2〜3日ほどで治ります。

ですが、怖いのは1人が感染してしまうとその周りの人にも感染してしまう二次感染が高確率で起こってしまうので、一人一人が予防をして感染しないように気をつけなければなりませんね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加