【セアカゴケグモとは】殺虫スプレーで効果はあるの?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

毒グモの居なかった頃の平和な日本、そんな事をつい思い出してしまうこの頃です…
もちろん、全く毒グモがいなかったわけではありません。カバキコバチグモ、という毒グモは以前から既に居たと言われています。

近年有名になりましたセアカゴケグモは、元々に日本にはおらず外国からやってきましたた日本にとって新しいクモです。

アメリカザリガニが昔は居なかったけれども、今は定着している、と言うように、セアカゴケグモも定着しつつあるようです。

貿易を通じて新しい物はやって来る

昔から、新しい病気や、害虫は、貿易の際についてきてしまいます招かざる客です。
水際で防ごうと、検疫を実施しておりますが、残念ながら、セアカゴケグモは我が国の防御の網をかいくぐり、日本に定着しつつあります。
元々はオーストラリア原産のセアカゴケグモですが、日本にも広がってきただけでなく、今では世界中に繁殖地域を広げつつあります。

ヒアリもその二の舞になってしまうかもしれませんね。
ヒアリについて詳しくはこちら

【危険生物】ヒアリの特徴は?刺された時の対処法はどうするの?

【ヒアリの駆除方法】目の前に出た場合は?国の方針は?

スポンサードリンク

殺虫スプレーは効くの?

セアカゴケグモは、積極的に人を襲う、というクモではありません。
但し、うっかりと人間の素肌が触れてしまった時には、噛まれます。

毒がありますから、先ずは噛まれないように対策が必要です。

セアカゴケグモには市販の殺虫スプレーで十分効果があります
一度見つけました分部には、再度繁殖する可能性もありますから、定期的に掃除をすることを心がけましょう。

対策としては、戸外でクモの巣や、ゴミが溜まっている所を見つけましたら、先ずは積極的にお掃除をすることにしましょう。
排水溝の蓋分部や、自転車のサドルの下に溜まったごみ分部など、ちょっと汚れている部分には、セアカゴケグモが潜んでいることがよくあります。
靴を履いている足ならば、地面に居るセアカゴケグモは問題ありません。
見つけ次第、恐れず駆除しましょう。
見た目は非常に気持ち悪いですが…

危険なのは子供たち!

虫に噛まれて一番危ない人は、やはり小さな子供たちです。
うっかりと触ってしまうことも有りますから、写真などを見せて、「このクモは噛まれるから触っちゃ駄目だよ。」と教えてあげる事が大切です。

そして、まめにお掃除を致しましょう。
子供さんの肌が腫れて痛がっていたりする場合には、早めに病衣を受診してください。その際、セアカゴケグモに噛まれた可能性がある事を必ず伝えましょう。

戸外でも、清掃が行き届いている場合には繁殖することが難しくなります。
ゴミの吹き溜まりなどが無いか、普段から生活スペースや庭、駐車場をチェックすることが重要です。

まとめ

外国で起こりつつある悲劇、と言うのは時間差で我が国にも訪れます。
ウイルスや、害虫は昔からそのようにして、世界的に広がっていく傾向があります。
セアカゴケグモは、日本に毒グモが上陸、という恐ろしい報道が衝撃的でした。

今では、世界でも強毒で知られるヒアリの上陸が報道されています。
今度こそ、繁殖させない、という強い姿勢が求められています。
正に、いたちごっこですが、常に最善を尽くしていくしか方法はありません。

害虫もさることながら、病原菌や、ウイルスも水際で食い止めたいものですね。
検疫を強化させる、という国の対策と共に、清潔を保つ、為に清掃活動をする、といいう庶民の力も必要なところです。

大量繁殖を防ぐためにも、日ごろから害虫駆除に力を入れてみるのも良い対策方法です。
家の周りのお掃除をちょっと拡大して、近所のお掃除をしてみる、という草の根作戦が今、求められているのです。
同じ地球に生きる生物なので共存できるのならしたいですね…

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加