【キッズウィーク】休み方改革?メリット、デメリットは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

政府がキッズウィークという新しい大型連休を来年の4月から創設することがわかり、現在その準備が進められていますね。
キッズウィークは、子どもの学校の夏休みなどの長期休暇を地域ごとに分散させて、子どもの休みに合わせて大人も休めるようにするという休みで、政府が企業などに強く要請しながら推進を進めるとのことです。

そこで、キッズウィークという新しい制度について、そのメリットやデメリットなどを考えてみました!

メリットは?

キッズウィークのメリットとしては、大人も子どもと同じタイミングで休暇が取得できるようになるので、子どもと過ごす時間が増えます。

そして、一緒に遠くへ出掛けたりすることができて、地域の活性化にも繋がるといったメリットがあります。

また、最近では電通などのこともあって、海外からも働きすぎだといわれている日本の現状を改善しようとする動きとしても歓迎されるといったメリットが考えられますね。

スポンサードリンク

デメリットは?

キッズウィークのデメリットとして、メリットを受ける人が限定的であるという点。また、雇用という点から見ると、正社員と非正規雇用者員の待遇格差が更に拡大するのではないかという点が挙げられます。

そして、パートやアルバイトの人々にとって働き方に変化はなく、低賃金重労働という状況はさらに厳しくなっていくのではないかという点なども指摘されています。

専業主婦をしている人々にとっては夏休みの期間が分散してもあまりメリットにつながらないといった見方などもあり、キッズウィークによってメリットを受けられる人が限定的だという意見が強くあります。

サービス業という特定の業種の人々にとっても、キッズウィークの恩恵を受けられないのではないかといった点も既に指摘されています。

キッズウィークは地域単位で行われることなので、それがメリットであるという人とメリットでないという人がでてきて、メリットを享受できる人々は限定的であるといえそうですね。

まとめ

最近は、プレミアムフライデーなど働き方に対して、しっかりと目を向けて来ているので過労死などの悲しい事件がなくなればいいですね。
キッズウィークという新しい改革など、どんどん試行錯誤していく姿勢はとてもいいですね!

日本の働き方が大きく変わる日はそう遠くはないかもしれません!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加