【韓国大統領の文在寅氏とは!】なぜ支持を集めたの?親北?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

韓国の大統領文在寅氏が当選して話題となっていますね。また、北朝鮮との関係改善についても話題となっています。
そこで、文在寅氏についての紹介や掲げている公約、文在寅氏が大統領になった場合の日本への影響などについて調べてみました!

文在寅氏とは?

文在寅氏は1953年に韓国南部の巨済島に生まれました。文在寅氏の両親は朝鮮戦争で北朝鮮から韓国に逃れた避難民だったそう。
現在、親北派の文氏は貧困から大統領選に立候補するまでになった苦労人で気さくな人柄の持ち主です。
文氏は反日主義者として知られていて反米的な考えをもつと言われていますね。
そんな文氏ですが、学生時代、貧しさのためトウモロコシのおかゆを食事として過ごし、学費が払えずに授業の途中に教室から出されたという思い出をもつ政治家です。

幼い頃はかなり苦労なされたのですね。

文在寅氏は慶南高等学校卒業後、名門、慶煕大学校法科大学に入学し、大学を卒業後、27歳で司法試験に合格して弁護士となりました。
元大統領でもあった弁護士、廬武鉉(ノ・ムヒョン)氏とともに弁護士事務所を開設して弁護士活動を行っていきましたが、その後、廬武鉉氏とともに政治家としての活動に力を入れていくことになりました。
廬武鉉氏が亡くなった後、2012年4月に行われた総選挙で初当選を果たしました。
そして、その年の12月の大統領選には野党候補として出馬したものの、前大統領、朴槿恵氏に僅差で敗れてしまったのです。

文氏の半生は保守派との戦いに彩られ、慶煕大学に在学中に朴正煕政権に反対する活動に参加して75年に投獄されたこともある波乱万丈の人生を歩んできた人だったのです。

スポンサードリンク

文氏が掲げている公約は?

文在寅氏は北朝鮮との関係改善と対話を進め、非核化政策も進めるという考えを示しています。
昨年の2月、韓国政府は北朝鮮に対する制裁として南北経済協力事業を停止しました。
開城工業団地の操業再開及び南北間の社会文化交流の活性化などを公約として掲げています。

また、文氏は朝鮮半島に新たな経済ベルトを構築して、朝鮮半島平和協定締結を進めるためのビジョンも掲げています。
南北の段階的な統一を目的として経済統合から優先的に行うことを目指している政治家なのです。

つまり、安全保障上の重要な懸案課題といえる北朝鮮核問題の解決と、民族史的な意義を有する南北関係改善に取り組むということ、また日本との関係については、歴代政権と同様、歴史の直視を求めるとともに、日韓関係の安定的な発展を目指すといった基本路線をとるといえます。

日本への影響は?

文在寅氏は対日関係に強硬姿勢を見せ、慰安婦問題や竹島(独島)問題についてニュースで話題となっています。
また、日韓合意についても再協議を重ねることになる可能性があるといえます。
文在寅氏が大統領になった場合、今までよりも対日関係が悪くなるのかどうかということについては、大統領に就任した直後は対日関係については様子見で、急に日韓関係が悪化するようなことはないといわれています。
ですが、長い目で見ると今よりはギクシャクした関係になってしまうかもしれませんね。

なぜ高い支持を集めているの?

文在寅氏は韓国の中央部に位置する全羅北道や全羅南道で圧倒的な支持を集めていると言われています。
これらの地域で氏の支持率は70%くらいだそうです。
圧倒的な支持率ですね。

全羅北道には全州市があります。全州市はビビンバや歴史的な建物などがある有名な地域ですね。
全羅南道には全羅地域の経済や行政、文化などの中心になっている光州市があります。
韓国のソウルではこれらの地域が支持率の高さを生んでいるのではないかと言われていたりしています。

まとめ

当選してすぐに日韓関係に亀裂が走ってしまうのではないのかと言われていましたが、ジワジワと反日の色が出てくるかたちになるかもしれませんね。

これからの韓国と日本の関係はどうなっていくのでしょうか。目が離せません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加