【GIVENCHY(ジバンシィ)】偽物Tシャツの見分け方!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

化粧品やバッグ、アクセサリーなど様々な商品を展開しているハイブランドGIVENCHY

偽物業者の技術が高くなっていくにつれて、

本物と偽物の見分け方が非常に難しくなっていきます。

本物と偽物の両方を比較しながら見ると

どうしても偽物の方が作りが雑だったりして、

すぐにわかってしまうのですが、

偽物一つだけ見てるとわからなくなってしまいますよね。

ここでは、メンズTシャツの様々な偽物の見分け方を紹介したいと思いますが、

GIVENCHYのTシャツは決して安いものでは

ないので、しっかりと見分けられるようになってくださいねっ。

スポンサードリンク

何処を見て見分ければいいのか?

例えば、

あなたが偽物を作っている業者だとしましょう。

それで儲けを出そうと考えた時、できるだけ

安く、大量に、早く作りたいですよね。

そう考えた時に、偽物は安く作ろうとするので

どうしても何処かクオリティが下がってしまい
ます。

要は、何処かで手を抜くわけです。

その手を抜いたところがわかるところは

・タグ

・ラベル

手を抜いているといっても、偽物の業者も必死

になって本物に似せようとさせている為

一目で見分けるのが難しいですが、多少のズレ

は存在します。

まずは首裏にあるタグから。

注目すべきところは

GIVENCHYの「GとE」

その下のPARISの「S」

本物の場合全ての文字が美しく並べられていて

文字が太く、普通とは違います

偽物の場合は普通の文字を使用していることが多いです。

「G」の場合、本物だと普通のGに比べて太く

「I」との距離も少し近く感じられます。

ですが、偽物だと普通の「G」を使用している為

細く、隣の「I」とのバランスが悪いです。

「E」も普通とは違い、本物の場合は三本線の

真ん中の線だけが少し短く設定されています

偽物だと三本とも長さが同じです。

「S」もまた、本物だと独自のスタイルで構成されていますが偽物だと普通の「S」です。

次に、ウォッシュケアラベル。

GIVENCHY(ジバンシィ)に限らず様々な

ブランドにも言えることですが、

商品を売る場合、国内正規代理店の品質表示タグが必要となります。

GIVENCHY(ジバンシィ)だと

「サードカルチャー」

と呼ばれる正規代理店のものがつけられます。

これにも本物、偽物があり、

本物の場合だとしっかりと濃く印字されていますが、

偽物の場合だと少し薄くなっていることが多いです。

また、印字内容が異なっていたりする場合もあります。

ネットで購入する場合の見分け方。

やはり、正規代理店の店頭などで購入するのが確実ですが

様々な理由で行けない場合もあると思うので、

私がやっているネットでの偽物の見分け方を紹介したいと思います。

まず初めに商品画像、写真はあてにならない為

必死に見ても時間の無駄となってしまいます。

偽物を売る場合、何処からか本物の画像を持ってきていたり、

画像を編集したりして偽物だということを誤魔化したりしています。

一番見るべきポイントは、評価や企業概要です。

パーソナルショッパーから購入する場合、

その人がこれまで何を売ってきたのか

商品に対して何処まで詳しく説明してくれているのか、

また、その人から購入した人たちの評価

質問をして確かめるなど

様々なものを参考にして見極めていく必要があります。

正規品を取り扱っている人であれば、

本物を売っているということを証明したいはずなので様々な質問をしても、しっかりと答えてくれるはずです。

サイトから購入する場合は

まず初めに、企業概要やポリシー、責任者などを見ると良いです。

企業概要を見る場合、日本語がしっかりしているのか、存在する住所が載っているのか、電話番号は携帯か固定かなどを確認します。

偽物を取り扱っている場合、トップページの日本語は普通だけれども

企業概要の日本語が和訳機能を使って和訳したような、辻褄が合わない場合があります。

住所もgoogleのストリートビュー機能を使ってそこにアクセスしてみたら、空き地だったりするときもあります。

そもそも、これらのような情報が記載されていないところは偽物を売っている詐欺サイトである確率がとても高いです。

最後は値段。

やはり、SALEでもないかぎりとんでもなく安いなんてことは考えにくいです。

高い商品にはそれなりの理由というものがあるのでその値段がついているのです。

本物とかけ離れた値段で売られている場合は

まず偽物と疑っていいでしょう。

まとめ

やはり見るべきポイントは「質」です。

手に取ってみて、その「質」を感覚的に体で覚えればすぐに本物か偽物か見分けられるようになるはずです。

ネットで簡単に買えるようになった今

画面上では本物に見えても、届いて手に取ってみてみたら偽物だったなんてことはたくさんあるので、足を運んで買いに行くのが一番簡単な見分け方だと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加